玻璃の追憶

日記と呼べる程の物ではない様な気もしますの。 少しずつ書いて行く想い出ですの。 シルバーレインというゲームのキャラ日記に相当しますので 名前に心当たりの無い方には、閲覧をお薦め致しませんの。
2017/11 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 

 スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



 #5 










夢を見る。
水の中。息をする事が出来ず。唯々もがく。
霞む視界の彼方には光揺らめく水面。

夢を見る。
水の中。息をする事を諦め。唯々沈む。
朧な感覚の足を絡め取る黒い濁り。

何処までも何処までも沈む。
何処までも何処までも暗く。
二度と光の届かぬ深みが
吐き出す空気をも喪った体をその最奥へと隠し。
凍りついた心はそれをいっそ安寧と受け止め。


そして。跳ね起きる。恐怖と共に。
スポンサーサイト


▽コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

▽トラックバック

http://b00924.blog118.fc2.com/tb.php/98-a874c966

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。